未分類

業界人 林龍一がプロの裏技 教えます

攻略軍団ターゲットの情報部部長林龍一のブログ。 負け組パチンカーを勝ち組へ。勝利の鍵を握る情報を公開!! メーカーさん接待模様や、プライベートなども書いていきます。


勝てる情報満載!常勝メールマガジン(登録無料)サンプル

※メールアドレスを半角英数で入力してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中! 投票お願いします。
このページのトップへ

甘デジが回らない理由

新年明けましておめでとうございます。

今年一年も、皆様にとって良い年でありますようにお祈り申し上げます。

さて、今年は私のメールに結構届く質問をブログでもお答していこうと思います。
*返事はそのつど返しています。

今回は、「甘デジってなぜ回らないの?」という非常にわかりやすい質問にお答えしますね。

まず、根本的に、パチンコというのは回るだけでも簡単に勝ててしまいます。

理由は相手が機械だからです。

一定の確率に基づいて抽選し、ハマル時もあれば、ボンボン連チャンするときもある

確率の世界ですから、これが普通です。それが合わさることで均等になるわけです。

僕が打つと連チャンしないんだよな~なんて言わないでください。

長く打ってなんぼがパチンコですからね。

さて、簡単に勝ててしまうというのは変な表現かもしれませんが、まあ回る台を探す努力は必要ですし、少しでも利益を乗せるための止め打ちなどは行うほうがいいですけどね。

さて、その理由ですが、例えば競馬や競艇などのギャンブルは、予想外の展開というのがあります。

落馬や、転覆などですね。

それは生きモノだからであり、体調など見えない部分に左右されてしまうからですね。

しかし、パチンコは機械です。機械というのは人間が作ったもので、君はこう動きなさいと作られているわけです。

まあ、機械が暴走したら? なんて言われそうですが、そんな映画な世界でもありません。

また、そんなことがないように検査をしっかり受けて世に出回っているわけですからね。

ボーダーラインというこれだけ回ればチャラですというところを上回る台を目先の勝ち負けではなく、長く長く打っていれば必ずプラスになります。

さて、少し脱線しましたが、甘デジが回らない理由ですが

まあホールの調整と言えば一言です。しかし、なぜ回らないようにするのか? 

これは持ち玉遊戯が長いというのが原因です。

パチンコというのは等価交換以外は、すべて買った金額より安く買い取られる換金率になっています。

例えば、3円交換というのは、4円で買った玉を3円で買い取られる仕組みです。

現金投資をしている時というのは、常に4円で玉を買います。しかし出た玉を使えば、3円で買っているのと同じ扱いですね。

いずれその玉の価値は皆さんにとっては3円の価値しかないわけですから

では、より長時間その3円の玉で打ちこめるのがいいわけですね

これが理由です。甘デジというのは、玉は少なくともポコポコ当たりますから

必然的に持ち玉での遊戯時間が長くなります。

例えば、バトルタイプなどを打つと、実際確率は400分の1でも、玉を得るための確率は600分の1近くなります。

それを当てるとなると、まあ確率通りでいえば3万円ですね

しかし、100分の1の台を当てるためには、5000円くらいですかね

もちろん、出る平均玉数は金額通りの差はあるわけですが、細かく計算してみれば

投資は4円で。。。持ち玉は3円で・・・

なんてすると必然的に甘デジはその通り甘いとわかりますね

結構立ち回り(回る台を打つ)プロは、甘デジで回る台を探し、しっかり打ちきる

なんて人多いです。

これは、1日という短いベースでも安定させた収支を得る、またその重要である持ち玉遊戯を考えてのことです。

ちょっと難しい話ですが、こんなことを考えて打てるようになるとスキルアップ間違いなしです。

とはいえ、だから甘デジが勝てる! というわけではありません。

回れば安定して勝てるということをお忘れなく。

ブログランキング参加中! 投票お願いします。
スポンサーサイト
このページのトップへ

CR花の慶次2導入決定でホールはどうなる?

涼しくなりましたね

なんか最近毎日雨というイメージがあります。ただ、昨日今日と、すごくいい天気ですね

まあ、内勤なので関係ありませんが・・・

さて、そろそろCR花の慶次2の導入がささやかれるようになりましたね

ただ、せっかく高稼働率をキープできている人気機種なのに、次が出てしまうのはちょっと早い気もします

そりゃ、ホールさんにしてみれば、とにかく客さえつけば、どんな機種でもいいというのが本音です

もちろん、導入するには多額の費用がかかります

だったら使える機種を長く使うのが理想ですね

それに、GWごろまで慶次は中古市場でプレミア価格になっていたほどの機種です

その頃買ったホールさんはちょっとかわいそうですね

ちなみに、最近はバトルスペックが本当に人気あるなと思います

特にぱちんこCR北斗の拳が人気好調で、釘がえらく渋いのに高稼働をキープしていますね

導入は少ないですが、ラオウバージョン。2200発が連チャン。ケンシロウバージョンは82%ループと一撃がアピールになりますね

さて慶次2に話を戻しますが、発売が決まり、導入も決まったホールさんは、現在人気の慶次1をどう使うのか?

基本的なセオリーで言うと回収です

外す機種を出す理由はあまりありませんからね

とはいえ、慶次1を大量導入しているホールさんが多く、全台を慶次2に変えることは考えにくいです

それに、最近では、沖縄→ハイパーに全部入れ替えて痛い目見たホールさんも多いですしね

まあ全台を入れ替えない以上、そこまでガッツリ回収することはしないでしょう

それに看板機種扱いを急に変えるのもあれですしね

逆の考えとしては、そこそこ甘く使っておき、慶次2が出るまで客を飛ばさない努力をして

慶次2が出たらガッツリ回収

というのも手です。導入からしばらくは高稼動をキープできることは目に見えてわかります

スペック的にもだいぶ回収することは可能でしょうね

さて、そんなさまざまな状況があるわけですから、これから慶次を打つホール選びは重要です

もしこのホールに慶次2は入らないとわかれば、そのホールは対抗としてがんばるでしょうが、それは皆さんわからないでしょう
*まあ大きなチェーン店さんは入るでしょうが・・・

ですから、そんなことも考えながらしっかり良いホールを選び打ちましょう

導入寸前に厳しくなることは仕方ないですが、今の時期からホールにより差が出てくると思います

またさらに差が出るのは、雑誌に書かれ始めた頃です

その頃に例えば慶次のイベントをうっているのにガセでガチガチな釘だったりするともう導入までダメと考えてもいいかもしれません

このあたり、慶次をどれだけ大事に使っているか、使っていたかが分かりますね

でもなんか、個人的には一番好きな慶次が新しくなるのは楽しみのようで、なんか寂しい気もします

それに業界で言われる「セカンドシリーズはコケル」というジンクス・・・

それを慶次2は仕事人やエヴァのように打ち崩して欲しいですね

ブログランキング参加中! 投票お願いします。
このページのトップへ

最近流行りのバトルスペックについて

台風が来ているようです

大阪直撃しそうですね・・・

明日、明後日と、接待がありがんばらねばなのですが、雨でしょうね・・・

遂にぱちんこCR北斗の拳が導入されましたね

雑誌の書かれ方、お客さんの付き、かなり注目度がわかります

ケンシロウ、ラオウと2パネル出ていますが、約4倍ケンシロウパネルの方が多いですね

理由は扱いにくいというのもそうですが、大きな原因はドル箱ですね

ケンシロウパネルは最高出玉約1500発(ラウンド最高16の7カウント)

ラオウパネルは最高出玉約2200発(ラウンド最高16の10カウント)

最近の台は大体1500発前後の台がほとんどですね

その出玉で1箱ほぼ満タンになります

つまり、ラオウパネルにすると、箱があふれる・・・

ですね。導入店は専用箱を使ってるところが多いでしょうが、それをわざわざ買ってまで。。。

また、今はできるだけ多く箱を積んでアピールしたいというのが本音です

それが、1箱で1、5箱分になるわけですから損ですね

このあたり、ホールさんの考え方ですね

まあ、出玉スペック的にも80%のラオウ、82%のケンシロウ

見た感じ2%ですからそんなに差が無いように思えますが

20%、18%と考えると、約1割も差があります

何十台をもベースで計算するホールさんにとっては大きいですね

そんな意味で連チャンアピールとなると、ケンシロウという判断が多いようです

ちなみに、CR花の慶次の爆発的人気をきっかけに、バトルスペックブームに火がつきましたね

実はそれよりも、1円パチンコや甘デジのほうが実際火はついているのですが

雑誌などが書いているのは、1パチ、甘デジではなく、バトルスペック特集が多いですから

打ち手にとっては、メディアに流され、バトルスペックのイメージが強烈に強いと思います

なんかスロットのアラジンA、ミリオンゴッド(これは激しすぎましたが・・・)の頃を思い出します

さて、結構、バトルタイプは当たらないから打つのが怖いと思っている人が多いと思います

しかし、だから大負けするということではありません
*短いベースで考えれば大負けできますが

単純に、回れば勝てるパチンコに変わりはありません

バトルタイプは負けもデカイが勝ちもデカイ

甘デジは負けも小さいけど勝ちも小さい

結局同じですね

とはいえ、バトルタイプの方がホールが利益を取れていることに変わりはありません

それは、回収した時に大きくできるのはバトルスペックなわけで、元々、回収が基本(商売ですから)と考えるホールでは当然そうなりますね

しかし、皆さんはそれを逆手に取ってください

利益が出ているということは、出す時に出しやすいというわけですから

実際によ~く回る台を探すには断然バトルスペックが好ましいですね

私も数多くホールを見ましたが、千円で30回る慶次はしょっちゅう見かけます

ただ、千円で30回る甘デジは滅多に見ませんね

打つのが怖いではなく、良い台であれば積極的に打ってみてください

回る台を探すのなら、断然バトルスペックが見つけやすいですから

ブログランキング参加中! 投票お願いします。
このページのトップへ

最近のパチンコ、スロットについて

お久しぶりな更新です

最近変な天気ですね。先ほど大阪では雷が鳴り、雨がザザーっと降っていました

何か起こりそうで怖いですね・・・

さて、新台入れ替えが行われている時期で、大海をはじめ色んな機種が入りだしましたね

昨日とある大阪のホール店長さんと食事に行きましたが、大海は高稼働のようで

だいぶ儲かっていると言っていました

稼動は釘を渋くしても好調のようです。だから出玉を少なく、アタッカー周りを渋く。もちろん回らないという極悪ぶり・・・

まあ稼動がいいなら仕方ないですが

そんなことをしていると、また客がぶっ飛ぶのでは・・・

なんて思います。とは言え、立地の良いホールさんは高稼働でも、地元ホールなどの年齢層の高い打ち手の多いホールさんは

結構苦戦しているところもあるようですけどね

ちなみに、アバンギャルド、冬ソナ2なんかは甘いようで、台売り5000円~6000円くらいにしているようです

まあ長く使えそうな機種だけに妥当なところでしょうね

ちなみに、スロットですが、バイオハザードは相当ガッツリ取れるようです

確かに見ているだけでも、だいぶ負けているな・・・ なんて人見かけますね

また、打ち方がややこしいようで、どう打つの? と店員に聞いたはいいが、店員も困ってる

なんて様子も見かけます

もう少し分かりやすければよかったですね

分かりにくい機種は、若い打ち手しか打たなくなり、設定が下がると誰も打たなくなる・・・

導入がドドーンときましたから、そうならなければいいですね

ちなみに、今週はお盆前の最終週です。基本的に13~17日くらいまでがメインの回収になります

その前の週はある程度開けなきゃいけないわけですが、今年はどうかな~って感じです

結構いっぱいいっぱいの営業をしているホールさん多いですから

出すべきタイミングで出せるのかどうかですね

しっかり稼動していても、薄利で儲かっていないホールさんもあります

本当に良いホール選びが必要な時代になってしまいましたね
ブログランキング参加中! 投票お願いします。
このページのトップへ

CR花の慶次はプロに狙われている?

またまたご無沙汰の更新です

忙しさMAXです

ちなみに、先日頭痛がひどくて病院に行ってCTをとってきました

頭蓋骨と脳?の隙間みたいなとこに膿がたまっているようで

聞いたときは「ええ!!」となりましたが、ほっとけば治るようです

ズキズキはなかなか治らないので、早く治ってほしいです

さて、もうすぐ入れ替え自粛時期になりますので、全国的に入れ替えラッシュですね

前にも書きましたが、6月の入れ替えができない分、客を取る必要があり、そこで客を呼べるように

そこそこ甘い設定をしてくる感じです

ちなみに、それも含めてですが、最近立ち回りプロが花の慶次で食っています

立ち回りプロというのは、純粋にボーダーを上回る、よく回る台を打っているプロのことです

何故慶次を打つのか?

理由は回る台を見つけやすい、また攻略要素が多いということです

まず回る台を見つけやすい理由は、あの稼動状況にあります

当然ですが、客が打ってくれるほうが還元できます

逆に客が打っていないのに、ガバっと釘を開けることはできませんしね

続いて攻略要素ですが

この台はバネが非常に重要になります

どういうのがいいかといえば、狙ったところに安定して飛んでくれるか?です

バネが悪ければ、あっちこっち飛んでしまったりしますからね

さて、では安定して飛ぶのが良い理由として

この機種は以前も書きましたが、チョロ打ちをすることで非常に回転率がアップします

狙う位置は、レールからすぐの隙間、次の隙間とあり、その次の隙間の左側に当てて跳ね返す方法か、二つ目の隙間にある釘に当てて落とすかですね
*あんまり弱いと玉突きしちゃいます

このあたり、ご自身で打ってみて判断下さい

単純に真上から落ちた玉は風車に絡みやすいのですが、右から勢いが付いて左に行きやすく、そうなると完全に風車に絡まない死に玉になってしまいます

また、それ以外にも、ランクアップボーナスというのがあります

液晶の上がパカっと開き、そこに打つというものです

安定して玉がうまく入れば800発くらいでます

しかし、安定しなければ400発とかもあります
*どっちも払い出しです

もちろん、ボーナス間での継ぎ目は一旦停止させて、玉が割れるちょっと前に打ってあわせるようにします

また、開いている時間が一定ですから、遅れたりすると丸損になります

そしてバネが安定していれば、しっかりとストロークを定めておけば一定でとびますね

ただ、微調整して狙うように、背筋を伸ばしてその位置に顔を近づいて、しっかり狙うようにして欲しいですね

また、確変中も、3回開きですから、2回目閉じで停止(気持ち前くらいでも)3回目閉じで打ち出し(気持ち前くらいでも)

これだけでもしておいた方がいいですね

まあこういった細かいことがありますから、攻略要素が高いとして、プロが狙っているわけです

実はこういった攻略要素が高い機種はたくさんあります

人と同じことをしても勝てないのは当然です

だからこそ攻略法という言葉があるわけですね
ブログランキング参加中! 投票お願いします。
このページのトップへ

FC2Ad

ターゲット 【 パチスロ パチンコ 】

プロフィール

林 龍一

Author:林 龍一
攻略最強軍団の情報部部長をやっています。会社にいるか、パチ屋にいるか、メーカー関係者さんの接待に行ってるかという生活です。
ブログは不慣れですが、時代の流れに乗って書いてみようと思います。どんどん読んでくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。