2009年01月

業界人 林龍一がプロの裏技 教えます

攻略軍団ターゲットの情報部部長林龍一のブログ。 負け組パチンカーを勝ち組へ。勝利の鍵を握る情報を公開!! メーカーさん接待模様や、プライベートなども書いていきます。


勝てる情報満載!常勝メールマガジン(登録無料)サンプル

※メールアドレスを半角英数で入力してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中! 投票お願いします。
このページのトップへ

CR牙狼の甘さについて

いつもは今の時期、まだまだ正月気分という感じですが

今年はそんな気分もありません

ホールに通う機会が多かったからですかね

さてさて、今ホールで話題のCR牙狼ですが、15万発出た~とか

不景気とは思えない話をチラホラ聞きます

まあ一度あの連チャンスピードを味わえば、それも納得するかもしれません

出した感は今の台ではトップでしょうしね

さて、この機種ですが、非常に甘く、ホールさんが使いにくい~と嘆いています

確変突入率50%、当選したら82%ループ。時短はないですが、すべての当たりが15R

出玉が全部あり、あの継続率なら割をあわせるのが大変・・・

普通のバトルスペックは出玉なしの当たりもあり、そして5Rなどの出玉の少ない当たりがありますからね

そりゃ片寄もありますが、その分計算もしやすいです。

しかしこの牙狼は、その50%の確変を引けば、本当の天国というわけです。

まあ逆に引けないときは、回らない釘だけに、ひと箱打って100超えない。。。

なんてザラで、爆死した人も多いでしょうが。。。

さて、なぜホールさんが嘆くかというと、釘関係なく暴れまくるからです

閉めても閉めても出る時は異常に出る。しかも予想外の出玉が出てしまうからです

根本的にバトルスペックというのは、ホールにとってドル箱(儲け)機種です

お客がお金を使ってくれるわけですからね

その感覚があるから、慣れてないだけかもしれません

海シリーズなんかは、薄利で納得するホールさんがほとんどですが、バトルはそれだけ儲かるというイメージも強いのが現状です

まあホールさんも、薄利で客寄せになればなんて考えれるようになればいいんですけどね
*もうあきらめてそう思っているホールも多そうですが。。。

特に等価交換のホールさんは本当に扱いが難しいのではないでしょうか

しかし、中にはもう腹をくくって、牙狼は勝手に出てくれ。それ以外の機種でなんとかがんばる・・・

なんてところもありますから、それはそれで賢い選択かもしれません

しかし、腹をくくらず、何とか牙狼で儲けたい・・・

というホールは、回らない、そして出だまが異常に少ない・・・

本当に多いです。

さて、渋い釘だなんて書いてますが、2月前半から3月にかけて、エヴァ5や、慶次~斬、キン肉とヒット確実的機種も多くでます。

それが出たころに、牙狼は稼働が落ちるでしょうが、そのあたりに打つといいかもしれません

ホールが長く使おうと思う機種は甘めにします。

稼働があればいつでも回収できますからね
*まあ牙狼は例外か・・・

その機種になる可能性をひめた牙狼は1月下旬~3月にかけて、お宝台を見つけれるかもしれませんね。

回転率だけで考えて、3円交換程度でも千円で23~25でも回れば、もう閉店1時間前まで全力投球できます。

案外現実的に探せる数値ですね

また、この機種はワープからの入賞が非常に甘いです。
*癖が非常にあり、真ん中いかないのは全然いきませんから注意

そんな癖の良い台はチェックしておいて、釘が甘くなるのをじっと我慢してみるのもありです
ブログランキング参加中! 投票お願いします。
スポンサーサイト
このページのトップへ

甘デジが回らない理由

新年明けましておめでとうございます。

今年一年も、皆様にとって良い年でありますようにお祈り申し上げます。

さて、今年は私のメールに結構届く質問をブログでもお答していこうと思います。
*返事はそのつど返しています。

今回は、「甘デジってなぜ回らないの?」という非常にわかりやすい質問にお答えしますね。

まず、根本的に、パチンコというのは回るだけでも簡単に勝ててしまいます。

理由は相手が機械だからです。

一定の確率に基づいて抽選し、ハマル時もあれば、ボンボン連チャンするときもある

確率の世界ですから、これが普通です。それが合わさることで均等になるわけです。

僕が打つと連チャンしないんだよな~なんて言わないでください。

長く打ってなんぼがパチンコですからね。

さて、簡単に勝ててしまうというのは変な表現かもしれませんが、まあ回る台を探す努力は必要ですし、少しでも利益を乗せるための止め打ちなどは行うほうがいいですけどね。

さて、その理由ですが、例えば競馬や競艇などのギャンブルは、予想外の展開というのがあります。

落馬や、転覆などですね。

それは生きモノだからであり、体調など見えない部分に左右されてしまうからですね。

しかし、パチンコは機械です。機械というのは人間が作ったもので、君はこう動きなさいと作られているわけです。

まあ、機械が暴走したら? なんて言われそうですが、そんな映画な世界でもありません。

また、そんなことがないように検査をしっかり受けて世に出回っているわけですからね。

ボーダーラインというこれだけ回ればチャラですというところを上回る台を目先の勝ち負けではなく、長く長く打っていれば必ずプラスになります。

さて、少し脱線しましたが、甘デジが回らない理由ですが

まあホールの調整と言えば一言です。しかし、なぜ回らないようにするのか? 

これは持ち玉遊戯が長いというのが原因です。

パチンコというのは等価交換以外は、すべて買った金額より安く買い取られる換金率になっています。

例えば、3円交換というのは、4円で買った玉を3円で買い取られる仕組みです。

現金投資をしている時というのは、常に4円で玉を買います。しかし出た玉を使えば、3円で買っているのと同じ扱いですね。

いずれその玉の価値は皆さんにとっては3円の価値しかないわけですから

では、より長時間その3円の玉で打ちこめるのがいいわけですね

これが理由です。甘デジというのは、玉は少なくともポコポコ当たりますから

必然的に持ち玉での遊戯時間が長くなります。

例えば、バトルタイプなどを打つと、実際確率は400分の1でも、玉を得るための確率は600分の1近くなります。

それを当てるとなると、まあ確率通りでいえば3万円ですね

しかし、100分の1の台を当てるためには、5000円くらいですかね

もちろん、出る平均玉数は金額通りの差はあるわけですが、細かく計算してみれば

投資は4円で。。。持ち玉は3円で・・・

なんてすると必然的に甘デジはその通り甘いとわかりますね

結構立ち回り(回る台を打つ)プロは、甘デジで回る台を探し、しっかり打ちきる

なんて人多いです。

これは、1日という短いベースでも安定させた収支を得る、またその重要である持ち玉遊戯を考えてのことです。

ちょっと難しい話ですが、こんなことを考えて打てるようになるとスキルアップ間違いなしです。

とはいえ、だから甘デジが勝てる! というわけではありません。

回れば安定して勝てるということをお忘れなく。

ブログランキング参加中! 投票お願いします。
このページのトップへ

FC2Ad

ターゲット 【 パチスロ パチンコ 】

プロフィール

林 龍一

Author:林 龍一
攻略最強軍団の情報部部長をやっています。会社にいるか、パチ屋にいるか、メーカー関係者さんの接待に行ってるかという生活です。
ブログは不慣れですが、時代の流れに乗って書いてみようと思います。どんどん読んでくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。